日建ホーム

資料請求はこちら

木の家健康コラム

2016年8月24日水曜日

【第3回木の家健康コラム】ダニの発生時期はいつが多い?

まずはアレルゲンの代表格ダニについて調べてみましょう。

★ダニの発生時期はいつが多い?★

ダニは湿気の多い場所を好んで生息し、6月~7月の梅雨時期にかけて

最も多く発生します。

アレルギー性の喘息の発作の起きる頻度は、9月から10月の秋が最も

多いのですが、梅雨時のダニの発生を抑えることができれば秋の喘息

発作の頻度を抑えることができるのではと言われています。


上記の表にあるように冬から春は暖かい場所にダニが生息し

梅雨時期に急増、秋はダニの数は減少しますがアレルゲンとなる

ダニの死骸やフンが急増し喘息などのアレルギー症状を引き起こすのです。

(アレルゲンはダニそのものよりもダニの死骸やフンであることが多いというのも

この表からわかりますね。)
木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報